平成29年度 年末の交通事故防止運動

神奈川県実施要項

期 間 : 平成29年12月11日(月)~12月20日(水)の10日間

目 的 : 年末は交通量や飲酒の機会が増えることにより、交通事故の多発が懸念されることから、県民一人一人が交通安全について考え、交通ルールの遵守と交通マナーの向上に取り組むことを通じて、交通事故防止の徹底を図ります。

スローガン : 無事故で年末 笑顔で新年

重 点 :

1 飲酒運転の根絶

2 歩行者(特に高齢者)と自転車の交通事故防止

3 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

● 運動の重点

  1. 飲酒運転の根絶
    ○ 「これくらいなら」、「少しの距離だから」という安易な気持ちが、一生かかっても償えないほど悲惨な事故を引き起こしますので、飲酒運転は絶対にやめましょう。
    ○ 飲酒を伴う会合等には自動車を運転したり、自転車に乗っていくのをやめましょう。
    ○ 車両を運転する人には、絶対に酒類を提供しないようにしましょう。
  2. 歩行者(特に高齢者)と自転車の交通事故防止
    ○ 夜間の外出には、目につきやすい「明るい服装」や「反射材」を身につけましょう。
    ○ 自転車の夜間走行時は、前照灯を点灯し、反射材を効果的に活用しましょう。
    ○ 自転車に乗車するときは、子どもだけでなく大人(特に高齢者)も積極的にヘルメットを着用しましょう。
    ○ 家族とともに、身近な交通危険箇所をチェックし、安全な通行方法等について話し合いましょう。
    ○ 高齢者や自転車の利用者は、参加体験型の講習会などに積極的に参加し、交通ルールと正しい交通マナーを守り、交通安全意識の向上を図りましょう。
  3. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
    ○ 自動車に乗車するときは、全ての座席のシートベルトとチャイルドシート着用の「ひとこえ」をかけあいましょう。
    ○ 後部座席シートベルトやチャイルドシートの必要性について正しく理解し、正しい着用を徹底しましょう。

主唱:神奈川県交通安全対策協議会

 

当組合では、神奈川県交通安全対策協議会ほか関連団体と連携し、交通安全意識の向上を図ることを目的に各季の交通事故防止運動を展開しています。