事故防止ケーススタディ

このケーススタディをご覧になるためには、AdobeFlashPlayerが必要です。
ご使用のブラウザにインストールされていない場合は、下記リンクボタンより入手してください。
アドビシステムズ、Adobe及びAdobeFlashPlayerのロゴマークは、アドビシステムズ社の登録商標です。

Adobe Flash Playerのダウンロード

ケース1. 信号の変わり目に追突
  ☆事故の発生状況☆
     4tの普通貨物自動車を運転するAは、営業所を出発するのが遅れたため、荷物の納入時間に間に合わないと焦っていた。やがて交差点に差し掛かったとき、信号が青から黄色に変わったが、先行の乗用車Bがそのまま進行するものと思い、追従して通過しようとアクセルを踏んだところ、Bが停止したため急ブレーキを掛けたが間に合わず追突した。
     
  ☆事故の原因☆
    ① 早く行こうとした気持ちの焦り
② 黄色信号を無理に通過しようとした
③ 前車との車間距離の不保持
  ☆防止策☆
   
  1. 時間に余裕を持って早めに出発することが大切です。
  2. 黄色の信号は、「停止線を越えて交差点に進入してはならない」こと、ただし、交差点に接近しているため、「停止線の手前で安全に停止することができないときは、そのまま進むことができる」ことを正しく理解させましょう。
  3. 交差点付近では、追突事故が多いため車間距離に余裕をもって走行しましょう。
    特に信号の変わり目には要注意です。
       
       
ケース2. ブレーキペダルから足が離れ前車に追突
  ☆事故の発生状況☆
     10tの大型貨物自動車を運転するAは、配送業務を終え営業所へ帰る途中、下り勾配の交差点で赤信号のため停車していた。その間に伝票整理をしていたところ、ブレーキペダルから足が離れ前進してしまい、前車に玉突き追突した。
     
  ☆事故の原因☆
    ① 伝票整理に気を奪われブレーキペダルから足を離した
② ハンドブレーキを掛けていなかった
  ☆防止策☆
   
  1. 信号待ち等で停車中の場合は、必ずブレーキペダルをしっかり踏んでおきましょう。
  2. 下り勾配では、追突などの思わぬ事故を起こす危険がありますので、念のためハンドブレーキも掛けておく必要があります。
  3. 信号待ち等で停止する際は、前車との間隔に余裕をもって停止しましょう。
       
       
ケース3. 出合頭の衝突
  ☆事故の発生状況☆
     普通貨物自動車を運転するAは、食品配送業務のため早朝の比較的交通量の少ない商店街を走行していたが、信号機の無い見通しの悪い交差点を直進しようと、減速しながら交差点に進入したところ、右方向から走行してきた新聞配達員の原付自転車と出合頭に衝突した。
     
  ☆事故の原因☆
    ① 「見通しの悪い交差点」の徐行義務違反および安全不確認
  ☆防止策☆
   
  1. 交差点は、出会い頭の事故等、最も交通事故の多い場所であり、深夜から早朝にかけ交通量の少ない時間帯と言えども、注意力を集中する必要があります。
  2. 優先道路を走行中ですが、「見通しの悪い交差点」であるため徐行する義務があり、相手方の原付自転車のように一時停止標識を無視して、交差点に進入するケースもあることから、徐行しながら十分安全を確かめ走行しましょう。
       
       
ケース4. 右折時に対向直進車と衝突
  ☆事故の発生状況☆
     大型貨物自動車を運転するAは、交通量の多い交差点を右折するため、交差点内で対向車線の交通の流れが途切れるのを待っていた。そこへ対向車線を直進中の大型貨物自動車が停止し進路を譲ってくれたので右折を開始したところ、停止車両の陰から進行してきた大型自動二輪車Bと衝突した。
     
  ☆事故の原因☆
    ① 対向車線の「大型貨物自動車の死角」部分の安全不確認
  ☆防止策☆
   
  1. 交差点では、右折の際、対向車線の直進車と衝突する、いわゆる「右直事故」が多発していることに注意しましょう。
  2. 「右直事故」の場合、対向車線・停止車両の陰(「死角」部分)から二輪車等が飛び出し事故になるケースが多いため、右折の際には十分に徐行し状況により一旦停止を繰り返すなど対向車線の「死角」部分の安全を確かめるようにしましょう。
  3. 二輪車は、乗用車などに比べ実際のスピードより遅く感じられるので要注意です。
  4. 対向車線の停止車両から、「右折するよう」合図され右折する、通称「サンキュー事故」の場合も、合図されたことに安心し、早く通過しようと事故になることが多いので、安全確認を怠らないようにしましょう。
       
       
ケース5. 構内でのバック事故
  ☆事故の発生状況☆
     4tの保冷車を運転するAは、食品を納品するため荷主先構内において、プラットホームで荷降ろしを済ませ、次の配送先に行くため構内出入口に向かっていた時、別の貨物自動車が進入してきたので進路を譲ろうとバックした際、後方の駐車車両に逆突した。
     
  ☆事故の原因☆
    ① 後方の安全不確認
  ☆防止策☆
   
  1. 貨物自動車の場合、後方が全く死角になることから危険も多く、どのような状況下でも後方の安全確認は絶対に欠かせません。
  2. 後退する際は、車から降車し自ら安全確認をするか、誘導員を付け後方の安全確認をすることが鉄則です。
  3. 貨物自動車が後退する時の危険を考えれば、多少の時間がかかっても後退する危険を避け、できるだけ前進する方法で荷物を運ぶように努めることが大切です。