事故の情報・注意喚起

大型トラック・大型バスのスペアタイヤの点検が義務化されます~事故防止のため、確実な点検・整備をお願いします~(国土交通省発表、配信日:H30.6.29)

国土交通省では、昨年10月岡山県の中国自動車道で発生した大型トラックのスペアタイヤ落下による死亡事故を受け、同年10月27日、全ての大型トラックを対象に、スペアタイヤ等を車両へ固定する構造・装置について、損傷やボルトの緩みがないか直近の定期点検等の機会を捉えて早急に点検を実施するよう、関係業界団体へ指示するとともにその徹底を図って参りました。今般、当該点検を恒久的な対策とするため、大型トラック・大型バスに備えるスペアタイヤ及びツールボックスを新たに定期点検の対象に加えるべく、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)に基づく「自動車点検基準」(昭和26年運輸省令第70号)を改正し、本年10月より施行します。

http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha09_hh_000184.html

「睡眠不足に起因する事故防止対策の強化」に関する「よくある質問」について(国土交通省発表)

居眠り運転に起因する事故を防止し、また、働き方改革を進める観点から、運転者の睡眠時間の確保についてバス・タクシー・トラック事業者の意識を高めるため、平成30年6月1日(金)から睡眠不足に起因する事故の防止対策を強化することとし、旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正したところです。 今般、対策の強化に関する「よくある質問」を作成しましたので、お知らせします。→https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03sleep/index.html

※旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正についてはこちらをご覧ください。 →http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha02_hh_000341.html

大型トラック等による重大事故(国土交通省発表) (2018.10.12データ)

No. 発生日時 発生場所 事故の概要
1. 2018.6.23(土) 山口県 午後4時45分頃、山口県の県道において、同県に営業所を置く大型トラクタ・トレーラが運行中、前方で信号待ちをしていた乗用車に追突し、追突された乗用車が更に前方の別の乗用車に追突する玉突き事故が発生した。この事故により、追突された乗用車の運転者2名が軽傷を負った。当該大型トラクタ・トレーラはそのまま走行し、同県内の市道で電柱に衝突し停止した。事故後の警察による調べにより、当該大型トラクタ・トレーラの運転者の呼気から基準を超えるアルコールが検出されたため、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕された模様。
2. 2018.7.10(火) 北海道 午前10時00分頃、広島県の国道において、岡山県に営業所を置くトラックが運行中、片側3車線の第2車線で信号待ちのため停止後に発進した際、当該トラックの右側車線を走行していたトラクタ・トレーラに接触した。この事故による負傷者はなし。事故後の警察による調べにより、当該トラック運転者の呼気からアルコールが検出されたため、道路交通法違反(酒気を帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された模様。
3. 2018.7.17(火) 埼玉県 午前11時18分頃、埼玉県の国道バス停において、同県に営業所を置く乗合バスが乗客4名を乗せ運行中、乗車客扱いのため停車していたところ、後方から走行してきたトラックが当該バスに追突した。この事故により、バスに乗車しようとしていた乗客が重傷を負い、他の乗客1名が軽傷を負った。
4. 2018.8.4(土) 東京都 午前8時10分頃、東京都の自動車専用道トンネル内において、大阪府に営業所を置くトラクタ・トレーラが運行中、渋滞で停止していた乗用車に追突し、さらに前方の車両を巻き込む計6台の多重事故となった。この事故により、関係車両に乗車していた15名が軽傷を負った模様。
5. 2018.8.4(土) 茨木県 午後7時40分頃、茨城県のコンビニエンスストア駐車場内において北海道に営業所を置くトラックが運行中、車両を発進させた際、隣に停まっていたバスに接触した。この事故による負傷者はなし。事故後の警察による調べにより、当該トラック運転者の呼気から基準を超えるアルコールが検出されたため道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された模様。
6. 2018.9.11(火) 茨木県 午前7時20分頃、茨城県の国道において、群馬県に営業所を置くトラックが運行中、前方の乗用車に追突し、追突された乗用車がさらに前方の乗用車に追突する玉突き事故が発生した。この事故により、追突された2台の乗用車の運転者が軽傷を負った。事故後の警察の調べにより、当該トラック運転者の呼気からアルコールが検出されたため、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕された模様。
7. 2018.9.15(土) 北海道 午前4時30分頃、北海道の国道において、道内に営業所を置くトラクタ・トレーラが運行中、対向車線からセンターラインを超えて進行してきた乗用車と衝突した。この事故により、乗用車の運転者と同乗者2名が死亡し、乗用車の同乗者2名とトラクタ・トレーラの運転者が重軽傷を負った。
8. 2018.9.25(火) 埼玉県 午後2時30分頃、埼玉県の高速道路において、追越し車線を走行していたトラック①が中央分離帯に接触後、走行車線の別のトラック②に衝突し停車した。その後、後続のトラック3台(③、④、⑤)が相次いで衝突して計5台が関係する多重事故となり、更に最後尾から追突したトラック⑤から出火した。この事故により、最後尾のトラック⑤の運転者と同乗者が死亡し、関係車両の運転者1名が軽傷を負った。
9. 2018.10.3(日) 滋賀県 午後7時05分頃、滋賀県の自動車専用道路において、京都府に営業所を置く大型トラック①が運行中、停車していたトラック②に追突し、その衝撃でトラック②がその前で停車していたトラック③に追突した。この事故により、それぞれのトラックの運転者、計3名が軽傷を負った。また、大型トラック①に積載していたオイル添加剤と工業用界面活性剤が道路上に漏洩した。事故は、トラック③が故障で停車し、その後方でトラック②が停車していたところに大型トラック①が追突した模様。)
10. 2018.10.9(火) 静岡県 午後2時55分頃、静岡県の高速道路において、滋賀県に営業所を置く大型トラックが運行中、工事による渋滞で停車していた乗用車に追突した。追突された乗用車は押し出され、更に前に停止していたトレーラに追突する玉突き事故となった。この事故により、乗用車に乗っていた2名が死亡した。