コンプライアンス

 本組合では、役職員一人ひとりが法令や職場内ルールの厳守に努め、高い倫理観を持って組合業務を推進することによって、組合員の皆様をはじめ多くの人々の信頼に応えるべく、コンプライアンス(法令等遵守)方針を定めております。

 

コンプライアンス(法令等遵守)方針


1. 目的

 この方針は、神奈川県自動車交通共済協同組合(以下「本組合」という。)の役職員が、共済事業の信頼性を維持し、組合員や契約者等に、安心・信頼・満足を提供する使命を果たすために、実施すべきコンプライアンスに関する事項を定めます。


2. 本組合の責務

(1) コンプライアンスの徹底 本組合の役職員は、コンプライアンス方針またはマニュアル等によって、関係諸法令、内部規則、社会規範を常に遵守する風土の醸成をはかり、コンプライアンスを正しく理解し実践します。

(2) 契約者等保護の徹底 共済事業に関する各種規程、事務手続等を整備し、これらを遵守した適正な処理に努めるとともに、契約者等保護の観点から、「共済契約締結の適切な推進」、「掛金収入の適切な管理」、「共済金の適正な支払」、「個人情報の保護」を重点項目とし徹底をはかります。


3. コンプライアンス組織体制

 コンプライアンスを円滑かつ効果的に実施するため、以下のとおり組織体制を整備します。

(1) コンプライアンス統括責任者 コンプライアンス統括責任者は、代表理事とし、本組合のコンプライアンスに関する事項を統括します。

(2) コンプライアンス副統括責任者 コンプライアンス副統括責任者は、専務理事とし、本組合のコンプライアンスに関する事項についてコンプライアンス統括責任者を補佐します。

(3) コンプライアンス統括部署 総務部をコンプライアンス統括部署とし、コンプライアンスに関する取組みを企画・立案・調整・推進します。

(4) コンプライアンス責任者 コンプライアンス責任者は、各部の長とし、各部のコンプライアンスに関する次の事項を統括します。 ①コンプライアンス統括部署への報告・連絡・協議 ②コンプライアンスに関する部内の職員からの相談・照会対応 ③コンプライアンスに関する部内の職員に対する教育・啓発 ④その他部内のコンプライアンスに関する事項


4. 苦情への対応

 苦情の申立てを受けた場合は、その内容に応じて担当部署が適切に対応するとともに、必要に応じ3.のコンプライアンス組織体制に従って報告、協議を行います。


5. 不祥事件発生時の対応

 不祥事件が発生した場合には、法令等に従い適切に対処するとともに、すみやかに監督行政機関に報告し、原因究明、再発防止等必要な措置を講じます。


6. 方針の見直し

 本方針は、共済事業を取り巻く環境の変化等を踏まえ、共済事業の十分な信頼性を確保する観点から、適宜見直しを行います。


付 則
この方針は、平成20年5月16日から施行します。